はじめての筋トレに!プロ監修の自信に繋がる筋トレ計画

query_builder 2023/06/09 メンズ
筋トレとは、身体を鍛える、つまり体格を維持するためのトレーニングです。筋トレをすることで、身体の引き締めや、代謝アップ、健康増進に繋がります。しかし、初めての筋トレは、何から始めれば良いのか、何のトレーニングをすれば良いのか分からない方も多いことでしょう。そこで、この記事では、プロ監修による筋トレ計画を紹介しています。初心者にもわかりやすく、常識的な方法で筋トレを行い、健康的な身体を手に入れましょう。また、筋トレでよく聞く言葉も解説しています。筋トレ後のケアについても触れており、初心者でも簡単にできるアフターケア方法を紹介しています。そして、筋トレの続けるためのモチベーション維持方法も紹介しています。この記事を読んで、初めての筋トレを始めてみましょう!

なぜ筋トレをするのか?初心者にもわかりやすく解説!

はじめての筋トレにチャレンジする方にとって、なぜ筋トレをする必要があるのかは大切な疑問です。筋トレを行うことで、どのような効果があるかを知り、モチベーションを高めましょう。

まず、筋トレをする主な目的は、筋力アップです。筋肉は、運動によって刺激を受けることで、増強されます。筋トレを継続的に行うことで、筋肉量が増え、生活の中での身体能力が向上します。

また、筋肉を増強することで、基礎代謝を上げる効果があります。筋肉の量が多いほど、体がエネルギーを消費するため、ダイエットにも効果的です。

筋トレを行うことで、骨密度が向上する効果もあります。骨密度が低いと、骨折しやすくなってしまいますが、筋トレで筋肉を増強することで、骨に負荷をかけることができ、骨密度を向上させることができます。

最後に、筋トレを行うことで、メンタル面にもプラスの効果があります。筋トレは、身体に負荷をかけるため、ストレスを解消することができるとされています。また、自己肯定感の向上も期待できます。

以上が、筋トレを行う主な効果です。初めての筋トレにチャレンジする方は、まずは自分自身の目標や目的を明確にして、効果的なトレーニング方法を見つけましょう。

筋トレ初心者におすすめのトレーニングプログラムとは?

はじめて筋トレをする方には、まず基本的なトレーニングを行うことが重要です。そのため、以下のようなトレーニングプログラムをおすすめします。

1. スクワット

 脚の全体的な筋肉を鍛えることができます。体力がなくても軽い荷重から始め、徐々に負荷を上げましょう。

2. ベンチプレス

 胸筋や上腕三頭筋を鍛えることができます。こちらも軽い荷重から始め、徐々に負荷を上げましょう。

3. ロウイング

 背中周りの筋肉を鍛えることができます。慣れてきたら、ワンハンドで行うことで効果を高めることもできます。

これらのトレーニングを、ウエイトマシンを利用するのも良いでしょう。まずは回数や重量を気にせず、正しいフォームで行うことに重点を置きましょう。自分でできる範囲内で、徐々に負荷を増やしていきましょう。また、毎回同じトレーニングばかりでは筋肉が慣れてしまい、効果が低下してしまうため、トレーニングにメリハリを持たせることも大切です。

筋トレでよく聞く言葉を解説!初心者でも簡単に理解できる用語集

筋トレをはじめたばかりの初心者にとって、聞き慣れない用語が飛び交うトレーニング中は戸惑うこともあります。そこで今回は、初心者でも簡単に理解できるように、よく聞く用語を解説します。

1. 筋肉痛:トレーニング後の筋肉の痛みのことで、筋肉が修復され成長するときに起こります。適切なリカバリーを取ることで筋肉痛を緩和することができます。

2. バーベル:両手で持つ棒状の器具で、ダンベルより多くの重量を扱えます。スクワットやデッドリフトなど幅広いトレーニングで使用されます。

3. フリーウェイト:バーベルやダンベルのように自由に持ち運べる器具の総称です。トレーニングの幅を広げるためにもフリーウェイトの使用をおすすめします。

4. セット:一連のトレーニングの組み合わせのことです。セット内で決められた回数のトレーニングを行い、セットの数をこなすことで効率的なトレーニングが可能です。

5. レップ:セット内で行う1回のトレーニングのことです。例えば、「3セット12レップ」とは、3セット行い、1セットにつき12回のトレーニングを行うことを指します。

6. フォーム:トレーニングの際に正しい姿勢や身体の使い方をいう言葉です。重量を扱うトレーニングでフォームが崩れると怪我をしたり効果が薄れたりするので、正しいフォームを身につけることが大切です。

7. ストレッチ:トレーニング前後に行う身体を柔らかくするための動作です。適切なストレッチをすることで、トレーニングのパフォーマンスの向上やケガの予防ができます。

初めての筋トレでも、上記の用語を理解することで、トレーニングにおいて何が求められているのかが分かり、効率的なトレーニングができるようになります。

筋トレ後のケアも重要!初心者でもできるアフターケアのポイント

はじめての筋トレは、効果的に行うために正しいトレーニング方法を学ぶことが大切ですが、同じくらい重要なのが筋トレ後のケアです。筋肉への負荷をかけるトレーニングは、その後のケアが不十分だと身体に負担をかけることになります。特に初心者は、筋肉痛や怪我などが起こりやすいため、しっかりとしたアフターケアが必要です。

まずは、筋トレ後のストレッチが欠かせません。筋肉を使い、疲れた状態になった筋肉は、短く硬くなります。そのため、トレーニング後には筋肉が固まってしまい、身体に負担をかけることになります。そこで、トレーニング後には軽めのストレッチを行い、筋肉をほぐすようにしましょう。特に、トレーニングした部位にしっかりとストレッチをすることが大切です。

また、筋トレ後の栄養補給も大切です。トレーニングは、身体の中で筋肉を形成するための刺激を与えることにより、筋肉を成長させます。しかし、トレーニングだけでは十分な刺激を与えることができないため、栄養素を摂取することが大切です。トレーニング後には、たんぱく質を豊富に含む食事や、プロテインなどのサプリメントを摂ることで、筋肉の成長を促すことができます。

最後に、筋トレ後の休養も重要です。トレーニングは、筋肉に負荷をかけることにより、筋肉を成長させます。しかし、休養をとらないと、筋肉が疲れ、怪我をすることがあります。トレーニング後には、筋肉に負担をかけないように、十分に休養をとるようにしましょう。睡眠時間を十分にとり、ストレッチやマッサージを行うことで、筋肉の疲れをとることができます。

以上、初心者でもできる筋トレ後のアフターケアのポイントを紹介しました。筋トレ後のケアをしっかりと行い、健康的なトレーニングライフを送りましょう。

筋トレ初心者でも続けられるモチベーションの維持法とは?

はじめての筋トレは、ハードルが高いと感じるかもしれません。筋肉痛や怪我、結果が出ないなど、ネガティブなイメージがあるかもしれません。しかし、正しい知識を持ち、プロの指導や計画に従えば、効果的に運動することができます。また、続けるためのモチベーションを維持する方法もあります。

まず、自分に合った目標を立てることが大切です。目的がハッキリしていると、やりがいを感じやすく、取り組みやすくなります。また、目標を達成するための計画を立てると、達成感を得られると同時に、継続するためのルーチンができあがります。

筋トレ中の記録を残すこともオススメです。例えば、スマホアプリや手帳を活用して、運動内容や体調、スケジュールなどの情報を記録しておくことで、自分の成長や改善点が分かります。記録をつけることで、モチベーションを維持する効果も期待できます。

さらに、トレーニングメイトを見つけることも有効です。筋トレが苦手な友人でも、同じ目標を持っている人と一緒に取り組むことで、モチベーションを高めることができます。また、ジムに通う際に、スタッフや他の会員と話したり、アドバイスをもらうことも重要です。

そして、最も重要なのが「楽しむこと」です。無理に続けるより、好きな運動をやりながら筋トレを取り入れたり、飽きないようにトレーニングメニューを変えたりすることで、モチベーションを維持することができます。

自信に繋がる筋トレ計画や、続けられるモチベーションの維持法を身につけ、効果的に運動しましょう。

----------------------------------------------------------------------

パーソナルトレーニングジム バディ 南森町店

住所:大阪府大阪市北区西天満3-6-22日宝北大阪屋ビル 402

----------------------------------------------------------------------