EAAとBCAA、筋トレに必要な栄養素の違いとは?

query_builder 2023/06/09 女性 メンズ
筋トレをしている人なら、EAAとBCAAという栄養素については聞いたことがあるかもしれません。EAAとBCAAはどちらもアミノ酸の一種で、筋肉を構成する材料として重要な役割を持っています。しかし、EAAとBCAAにはそれぞれ異なる特徴があります。EAAは必須アミノ酸と呼ばれ、人間の体内では合成できないために食事から摂取する必要があります。BCAAは、分岐鎖アミノ酸と呼ばれ、主に筋肉のエネルギー源として機能します。筋トレ中の筋肉のダメージを修復するために、EAAとBCAAはどちらも欠かせない栄養素です。摂取方法は、EAAは適切なタイミングで吸収しやすいプロテインやサプリメントで、BCAAは筋トレ前後に摂取することが一般的です。最近は、EAAとBCAAを含む複合型のサプリメントも増えてきています。筋トレをする方は、自分に合ったサプリメントを選んでバランスの良い食生活を心がけましょう。

EAAとBCAAとは?

EAAとは、Essential Amino Acidsの略称で、必須アミノ酸とも言われます。必須アミノ酸とは、体内で合成できないアミノ酸のことを指します。EAAは全9種類で、これらのアミノ酸はフードからのみ摂取できます。人体に必要なたんぱく質合成には欠かせない必須アミノ酸ですが、筋肉の合成に大きな役割を果たします。

一方、BCAAとはBranched-Chain Amino Acidsの略称で、分岐鎖アミノ酸とも呼ばれます。BCAAには、ロイシン、イソロイシン、バリンの3種類があります。BCAAは、筋肉を構成するアミノ酸の約35%を占め、エネルギー生産、筋収縮時のエネルギー源として機能するなど、筋肉合成に欠かせない栄養素です。

EAAとBCAAは、共に筋肉合成に関与する必要な栄養素ですが、その働きや必要性には違いがあります。EAAは、筋肉合成に欠かせないアミノ酸全てを含みますが、BCAAはその中から3種類だけを含んでいます。一方で、BCAAは身体の中で容易に分解され、筋肉内に蓄積されやすいため、筋肉量が落ち始めた人にはBCAAを摂取することがおすすめです。

まとめると、EAAとBCAAは共に筋肉合成に必要な栄養素ですが、含まれるアミノ酸の数や働きには違いがあります。トレーニング初心者や筋肉量が足りない人には、BCAAを摂取することで筋肉量の増加を促すことができます。適切な量を摂取することで、筋肉合成を促進し、理想のボディラインを作り上げることができます。

EAAとBCAAの違いは何?

EAAとBCAAは、いずれも筋トレに必要なアミノ酸の一種ですが、その違いは何でしょうか?

まずEAAとはEssential Amino Acid(必須アミノ酸)の略で、トレーニング中に筋肉を構成するのに必要不可欠なアミノ酸のことを指します。人間の体は自己融解という現象によって、EAAを摂取しなければなりません。

一方でBCAAは、Branched Chain Amino Acid(分岐鎖アミノ酸)の略で、筋肉を構成する上でも重要なアミノ酸の一種です。BCAAは、筋繊維内で代謝されることによってエネルギー源として利用されます。また、疲労回復にも役立ちます。

つまり、EAAは必須アミノ酸全てを含んでいるのに対して、BCAAは3種類のアミノ酸(ロイシン、イソロイシン、バリン)のみを含んでいるという違いがあります。

そして、筋肉量を増やすためには、EAAが必須であると言われています。なぜなら筋肉を構成するアミノ酸は、減少してしまうと筋肉量も減少してしまうため、不足しないように積極的に摂取する必要があるからです。

一方でBCAAは、筋肉量を増やすための栄養素ではありませんが、筋肉の損傷を抑える効果があるため、トレーニング前後に摂取することで疲労回復に役立ちます。

筋肉量を増やすためには、EAAが必須であるということが分かりますが、BCAAもトレーニングに必要不可欠な栄養素の一つであると言えます。

なぜEAAとBCAAが必要なのか?

筋肉を作り、成長させるために必要なのがアミノ酸です。アミノ酸はタンパク質の分解によって得られます。筋肉をつけるためには十分なアミノ酸を摂取することが大切です。

特に、筋肉を合成するためにはエッセンシャルアミノ酸(EAA)が必要不可欠です。EAAは人間の体の中で作り出すことができないため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。

さらに、筋肉が疲労したり、ダメージを受けたりした際には、分解されたタンパク質から必要なアミノ酸を取り出す必要があります。この時に重要なのが、分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。BCAAは分解されたタンパク質から取り出しやすく、すばやく筋肉に供給されます。

結論として、筋肉をつけるためにはEAAとBCAAの摂取が必要不可欠です。特に、トレーニング後の回復にはBCAAの摂取が重要となります。ただし、栄養摂取だけで筋肉がつくわけではなく、効率的なトレーニングと十分な栄養バランスが大切です。

EAAとBCAAの摂取方法は違う?

EAAとBCAAは筋トレに必要な栄養素ですが、その摂取方法は異なります。

まず、EAAは必須アミノ酸と呼ばれる8つのアミノ酸を含んでいます。これらのアミノ酸は体内で合成できないため、食事やサプリメントで摂取する必要があります。EAAを摂取する場合には、全てのアミノ酸を含む完全なプロテインを摂取することが重要です。また、EAAは筋肉合成に必要なアミノ酸であるため、トレーニング前やトレーニング中に摂取することが効果的です。

一方、BCAAは分岐鎖アミノ酸と呼ばれる3つのアミノ酸を含んでいます。これらのアミノ酸は筋肉合成に重要な役割を持ちますが、EAAよりも必須性は低く、体内で合成されるため、ある程度の量は食事から摂取することができます。BCAAを摂取する場合には、トレーニング前やトレーニング中に摂取することが効果的です。

また、EAAとBCAAには吸収速度の違いもあります。EAAは全てのアミノ酸を含むため、吸収に時間がかかります。一方、BCAAは3つのアミノ酸のみを含むため、吸収が速く、筋肉のエネルギー源としてすぐに利用されることができます。

以上のように、EAAとBCAAは筋トレに必要な栄養素ですが、その摂取目的や方法は異なります。自分の目的に合わせて、効果的な摂取方法を探してみましょう。

筋トレにおすすめのEAAとBCAAサプリメントは?

筋トレにおすすめのEAAとBCAAサプリメントは、それぞれの特徴や成分の量、輸入元によって異なりますが、一般的に評価の高い商品をいくつかご紹介いたします。

EAAサプリメントでおすすめの商品は、プロテインより吸収が早く、筋肉合成効果が非常に高いとされる「エッセンシャルアミノX」という商品です。また、「マイクロEAA」という商品は、他のサプリメントと比べてEAAの種類数が多いという特徴があります。

一方、BCAAサプリメントでは、「スコアBCAA」という商品が人気があります。BCAAの割合が1:1:1でバランスが良く、ロイシンが1回あたり6gも含まれているため、筋肉合成や筋力の向上に最適なサプリメントとされています。それ以外にも、「Xtend BCAA」や「BCAA 6000」など、さまざまな商品があります。

ただし、これらのサプリメントを飲めば必ず筋肉がつくという訳ではありません。適切な飲み方や、十分な睡眠や食事とのバランスが重要です。また、個人差もありますので、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

----------------------------------------------------------------------

パーソナルトレーニングジム バディ 南森町店

住所:大阪府大阪市北区西天満3-6-22日宝北大阪屋ビル 402

----------------------------------------------------------------------